せどりってどうよ
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/08/02 (Sun) 重い腰
せどり「ちょっと休憩」のつもりが、延々とサボり続けてた。
気がつけば 30日間の注文数が50を切ってた。。
これはマズい。と1ヶ月半ぶりに仕入れへ。
2日連続で頑張ってみたもののイマイチ気分が乗らない。。
まぁ ゆるりとやっていきましょ。

べき冷蔵庫―Becky 1st. PHOTO&ESSAY
べき冷蔵庫―Becky 1st. PHOTO&ESSAY
[定価2520]¥1000→¥4490

購入者は女性の方。分かる気がする。男女ともに好感度は抜群。
女性写真集が売れると 入念な必要以上の検品作業が恒例だが
今回はパラパラとめくる程度。そそくさと梱包。
写真集に限っては 安くてもいい堪能できる方が嬉しかったりする。
スポンサーサイト

2009/08/03 (Mon) 感動の再会
よくよく見ると7月は1度しか更新してないですね。。
週刊から隔週、そして月刊へ・・・恐れていたコトが現実に。
再開しておいてサボって申し訳ない。
ってことで、続けて更新。

上京本 2008年 10月号 [雑誌]
上京本 2008年 10月号 [雑誌]
[定価800]¥200→¥5800

つい最近 エーブックさんのブログで紹介されてた本です。
この本 数ヶ月前の仕入れで手にとってました。
ISBNがなかった為 「んー」と思いつつスルー
ブログを読み どの店だったか記憶を辿る。
今も残ってる確証はないが、可能性はある。そんな せどり環境
一昨日見事に感動の再会。ありがとうございました。

2009/08/06 (Thu) びゅりふぉね
子供が産まれました
ismfileget_convert_20090805225257.jpg
元気な男の子です
可愛くて仕方ありません
目元なんてソックリですよ
・・・・弟に。

「こないの」その一言に狼狽し 不順だったと分かり安堵するオレに子供は無理です
でもね 赤ちゃん見た瞬間 たぶん人生で一番子供が欲しいと思ったかな。

無事に産まれホッとしたのだが、1つ気がかりなコトが。名前である
今流行り?の名前にはして欲しくなかった
何かのキャラクターかハンドルネームのような フワフワした感じの名前
その名前で じぃちゃん・ばぁちゃん になる。いいのか?と思ってしまう
杞憂だね。時代は流れ きっとその頃には ソレがそれっぽいことになってる
そういう名前を付けかねない夫婦だと思っていたが意外にも普通の名前だった
由来を嬉しそうに語っていたが、意味不明なので笑って流す
なにはともあれ わんぱくでもいい たくましく育って欲しい。

2009/08/07 (Fri) こしょばな
帆船―精密な復原図で帆船141隻を網羅、詳説
帆船―精密な復原図で帆船141隻を網羅、詳説 (万有ガイド・シリーズ (11))
〔定価1943〕¥1000→¥5500

プロパー仕入れ。本のクオリティ、ニーズともに自分の中ではガチだったので 迷い無く仕入れたのだが、よくよく考えてみればこの本にISBNは付いてない。ISBN付いてないモノはAmazonカタログに関係なく勝手に【古書】扱いにしてる。ブックオフでISBNが付いていないモノは往々にして安い。ましてや発行年数が古い単行本なら 単C棚の可能性が高い。それなのに、この本は・・・確かに状態は良い。それだけでこの値段を付けたのだろうか。。ブックオフの値付けは単純なようで謎な部分が多い。

日本の土人形 (1978年)
日本の土人形 (1978年)DSC01524_convert_20090806235853.jpg
〔定価3900〕¥105→¥7200

同じ店で仕入れ こちらも古書。状態も悪くなく定価も高い。・・・全く以って謎である

2009/08/12 (Wed) 前の車止まりなさい
月曜日に夏休みをもらえたので土曜から2泊3日で九州上陸。今回もせどりは無しで、美味しいモノ食べて温泉入って。博多と別府くらいしか行けなかったが予想以上に楽しかった。

最終日の月曜日 昼前に会社から電話。至急戻るハメに。とはいえ未だ九州。祈るようにナビをたたいてみる。目的地到着まで7時間以上かかる。。仕事の都合上、出来れば6時間以内には戻りたい

朝寝坊してしまうとする。5分以内に準備して出ればギリギリ間に合う時間なら 3分で準備して家を飛び出す。逆にどう頑張っても完全に遅刻な時間なら とりあえずコーヒー飲みながら一服。そんな子。

最寄のICから高速に乗り様子見。平日の昼間のせいかスイスイ進む。いけそうな気がしてきたので頑張ってみる。法定速度を意識しつつアクセルを踏む。体感速度はソレを微妙に超えてる気がしないでもない。前に一度 覆面レスラーに背後から捕まり バックドロップかまされ全治30日の重症を負ったので背後確認は怠らない。時間と格闘し 神経をすり減らしながら走ること数時間・・・何とか到着。

リフレッシュするはずの旅行が最後でドッと疲れた。でも九州良いトコ。また行ってみたいね。

2009/08/29 (Sat) ご自愛ください
昨日朝起きるとノドに激しい痛みが。。煙草の吸いすぎかな と思いつつ会社へ。寒気がする。体がダルい。ほぼ確実に熱もある。午前は気合で仕事するも昼頃限界を感じる。新型インフルエンザの心配もあった。上司に病院に行くと告げ会社近くの総合病院へ。

内科で受付。病院が混んでるのは承知している。待つのは覚悟の上だったが、診察まで2時間ほど待たされる。診察は5分で終了。「扁桃腺が腫れてますね、点滴打っときましょ」 インフルの可能性は?と聞くと「まぁ まず無いでしょ」

インフルエンザではなかったので もう病院に用はない。仕事あるから帰ると言ったが、点滴を打つと言う。1時間くらいとのことだったので、打つことにした。針がさされ点滴がポタポタ落ち始める。疲れからかすぐに眠ってしまった。フッと目が覚める、時計を見ると1時間くらい経ってる。もう終わる頃かと点滴の袋を見上げる。ん?何か容量が大分残ってる。不思議に思いながら看護士を呼び聞いてみる

「あぁ、さっき交換してコレ2つ目ですよ」 サラリと答え奥へ引っ込んだ。その時点でイラっとしたが、大人しく点滴が落ちるのを眺めてみる。奥からは看護士のヒソヒソと雑談する声が聞こえる。ヒソヒソ声が逆に神経を逆撫でする。イライラは募ると妄想を呼ぶ・・・「このバカ寝ちゃってるわよ、もう1本いっとく?」「いーねー」 そんな会話が交わされていたに違いない。。被害妄想という名の妄想。

一刻も早く帰りたかった。終わりそうにない点滴、止むことのないヒソヒソ声。このままココにいると悪化しそうだ。点滴はまだ途中だったが看護士を呼び外してもらう。「先生のお話がありますから、椅子に座って待っていて下さい」と言われ しぶしぶ椅子に座り待つ。30分ほど経って名前を呼ばれる。何かと思えば「明日は点滴だけ打ちに来てください。明後日は点滴打った後診察します。」 どんだけ点滴好きなんだよ。会計は軽く4000円を超えていた。たったあれだけの診察なのに・・・ きっと点滴って高いんだろうね。

今日は仕事休みだったので、朝から近所の小さな内科へ。きちんと診察してもらい薬を出してもらう。薬飲んで1日寝てたら復活した。やれやれ。。ここんとこ歯医者に眼科、内科と連続して病院に通ってる。痛い出費である。健康って金になるのね。

       

遊馬

遊馬

最近の記事

カテゴリー

ぶっくまーく

月別アーカイブ

RSS

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。