せどりってどうよ
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/05/27 (Wed) 煤けた背中に生える羽
「今日こそは仕入れに行こう」と思っていたが、疲れと眠気に負け 仕事終わり直帰。
いい加減 仕入れのリズムを取り戻さないとマズいね。。

臨床場面におけるロールシャッハ法
臨床場面におけるロールシャッハ法DSC01520_convert_20090527001613.jpg
[定価3500円]¥105→¥29800

たぶん せどり始めて、単C仕入れでは最高値。予約が入ってたわけでもなく、この本の価値を知る由もない。頭に浮かんだ数字を入力。それを買う購入者の方は たまったものではないだろう。。中途半端な値段は申し訳なさの表れ。

仕入れた時から単独出品だったわけだが、昔ならこんな値段はつけなかっただろう。欲を丸出しにして1万円強とかその程度だったはずだ。時代は流れ、世は「大せどり時代」 兵どもが夢の中。マケプレに集まってくる本は数知れず。そんな中での単独出品。それはそれで それだけで貴重。そして、それを価値だと思い込み 価格に乗っける。まぁ前提に「どんな本なのか」ってのはあるんだけど。

この先、こういう本に何冊巡りあえるだろうか・・・想いを胸に今日も眠る。仕入れ行けよって話である。

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://hask.blog6.fc2.com/tb.php/650-0d01e66b

       

遊馬

遊馬

最近の記事

カテゴリー

ぶっくまーく

月別アーカイブ

RSS

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。