せどりってどうよ
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/08/06 (Thu) びゅりふぉね
子供が産まれました
ismfileget_convert_20090805225257.jpg
元気な男の子です
可愛くて仕方ありません
目元なんてソックリですよ
・・・・弟に。

「こないの」その一言に狼狽し 不順だったと分かり安堵するオレに子供は無理です
でもね 赤ちゃん見た瞬間 たぶん人生で一番子供が欲しいと思ったかな。

無事に産まれホッとしたのだが、1つ気がかりなコトが。名前である
今流行り?の名前にはして欲しくなかった
何かのキャラクターかハンドルネームのような フワフワした感じの名前
その名前で じぃちゃん・ばぁちゃん になる。いいのか?と思ってしまう
杞憂だね。時代は流れ きっとその頃には ソレがそれっぽいことになってる
そういう名前を付けかねない夫婦だと思っていたが意外にも普通の名前だった
由来を嬉しそうに語っていたが、意味不明なので笑って流す
なにはともあれ わんぱくでもいい たくましく育って欲しい。

2009/08/03 (Mon) 感動の再会
よくよく見ると7月は1度しか更新してないですね。。
週刊から隔週、そして月刊へ・・・恐れていたコトが現実に。
再開しておいてサボって申し訳ない。
ってことで、続けて更新。

上京本 2008年 10月号 [雑誌]
上京本 2008年 10月号 [雑誌]
[定価800]¥200→¥5800

つい最近 エーブックさんのブログで紹介されてた本です。
この本 数ヶ月前の仕入れで手にとってました。
ISBNがなかった為 「んー」と思いつつスルー
ブログを読み どの店だったか記憶を辿る。
今も残ってる確証はないが、可能性はある。そんな せどり環境
一昨日見事に感動の再会。ありがとうございました。

2009/08/02 (Sun) 重い腰
せどり「ちょっと休憩」のつもりが、延々とサボり続けてた。
気がつけば 30日間の注文数が50を切ってた。。
これはマズい。と1ヶ月半ぶりに仕入れへ。
2日連続で頑張ってみたもののイマイチ気分が乗らない。。
まぁ ゆるりとやっていきましょ。

べき冷蔵庫―Becky 1st. PHOTO&ESSAY
べき冷蔵庫―Becky 1st. PHOTO&ESSAY
[定価2520]¥1000→¥4490

購入者は女性の方。分かる気がする。男女ともに好感度は抜群。
女性写真集が売れると 入念な必要以上の検品作業が恒例だが
今回はパラパラとめくる程度。そそくさと梱包。
写真集に限っては 安くてもいい堪能できる方が嬉しかったりする。

2009/07/13 (Mon) ヤフオク
久しぶりにPCの前に長時間座ってる。普段は納品書の印刷しかPC開いてなかった
少しだけPCを整理してみる。ビックリするくらい片付けの出来ないコ。
ありとあらゆるアイコンがデスクトップに並んでいる。
適当に削除して少しスッキリ。次は「マイピクチャ」の整理。
そういえば一度も整理したコトがない。古い画像が出てきた。
せどり 始めてAmazon一辺倒だったが、ヤフオクにも手を出してた頃があった。
その時出品に使った画像・・・

DSC00513_convert_20090712231803.jpg
ヤフオク始めたキッカケの本。ブックオフで仕入れしてて見つける。
ISBNはついてない。この頃は「古書」はなかったし、たぶん今もリストに無いと思う。
価値があるかどうか知らなかったが、直感的に「イケる」と思った。
販路はヤフオクしかないので、手続きして出品。
もう数年前なので、記憶があやふやだが 7000円くらいで落札された気がする。


DSC00362_convert_20090712233246.jpg
アガサ・クリスティーの英国―小説の村と館を探す旅
アガサ・クリスティーの英国―小説の村と館を探す旅この画像も一緒に保存されていたが、コレたぶんAmazonで売ったと思う。
ブログで紹介したのかな?覚えてないけど。。


DSC00779_convert_20090712233346.jpg
コレは自分で観たくて購入。見終わったら売れば多少の利益が出ると思ってた。
全く見ないまま、月日は経ち「レンタル開始」に慌ててヤフオクで売却。
4万くらいで購入して6万くらいで売ったのかな。
その後、レンタルで全巻借りるて見るハメになる。

2009/06/23 (Tue) 好きこそものの上手なれ
あまり在庫にないジャンルの本が売れる。
「在庫にない」ということは得意ではない分野なのだろう。自分では意識してないが。
得意・不得意は作らないように せどり しているつもりである。
とはいえ「偏り」は自然と発生する。
何が違うかというと単純に「アタリ」を引ける確率の問題。

写真集の棚なんて眺めてみても代わり映えしない「常連」が並んでいる
見慣れない顔があったとしてもそれが「アタリ」である可能性は極めて低い。
「それでも眺める」コトが大事だと思ってる。

Dear Friends―北川景子写真集
Dear Friends―北川景子写真集
[定価1890円]¥1000→¥6800

コンピュータ・プログラミング関係。これはもう苦手。
タイトル・背表紙等でオーラすら感じとれない。全てが同じに見える。
何に価値があり、何を基準に見ればいいか 未だに分からない。
手当たり次第サーチかけて、アタリ引ければラッキー 程度。
この分野得意な人はホント羨ましい。。

ColdFusion入門―Webアプリケーションサーバの新標準
ColdFusion入門―Webアプリケーションサーバの新標準
[定価3990円]¥800→¥6945

「偏り」で何が得意になるのかというと・・・
たぶんブログであまり紹介しないジャンル なのかな。

       

遊馬

遊馬

最近の記事

カテゴリー

ぶっくまーく

月別アーカイブ

RSS

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。